個性で勝負!変わった形をした腕時計



スイスの時計発展と歴史

時計言えばスイスと言われる程スイスでは昔から輸出される重要産業14世紀がには既に機械式時計も登場していました。当時の時計の製造は北イタリア、南ドイツ、フランスの3国が中心でした。16世紀に入ってスイスの時計産業は盛んになりました。

ジュネーブで始まった時計製造は塔時計等の大きさな時計だけでなく持ち運びに便利な携帯時計の他、家庭用の置き時計、掛け時計も作られていました。この頃の時計と言えば、貴族や裕福な権力者の贅沢品としてや航海で使用される船舶用の精密機器として大きな需要がありました。そうなると四方が他国山々に囲まれたスイスでは当然の様に時計産業は遅れを取っていました。17世紀に入りこれらヨーロッパの時計産業は衰退していきました。18世紀に入り初めてジュネーブが時計産業の中心になりました。

スイスの時計産業が繁栄していったのは、1517年16世紀に起こった宗教改革が影響しています。16世紀ジュネーブに亡命したフランスカルバン派教徒のユグノーが腕時計製造の工程を持ち込みそこからスイス全土に広がったとされています。他にはスイスは空気が綺麗な事もあり時計これも製造には重要なポイントの一つかもしれません。

Copyright (C)2021個性で勝負!変わった形をした腕時計.All rights reserved.