個性で勝負!変わった形をした腕時計



個性で勝負!変わった形をした腕時計

変わった形をした腕時計

腕時計にはいろいろな形が存在しているので変わったものももちろんあると思われます。インターネットでも調べても店で見かけたという声がたくさん出ております。ところで変わった形をした腕時計というのはどのようなものがあるのでしょうか。それについて調べてみたいと思っています。

たとえば、長針や短針、文字、動きなどが変わっているものがあります。まず、長針や短針がないものがあります。もちろん、デジタル式のものでもありません。どのようにして時間を計るのかというと12個の点があり、その中の色の有無で計るのだそうです。また長針や短針のないもので日時計の形式のものや色と色の境界線で時間を計るものもあります。ほかにも虫めがねで大きくなった文字で時間を計るものや一本の紐だけで時間を計るものもあります。

文字盤のないものがあります。光る点だけで計るものや透明になっているもの、コブラが向かい合っているような形をしたものなどがあります。また文字盤が歪んでいるものや円の半分しかないもの、また円の4分の1しかないものもあります。前述に挙げたものはほんの一例です。ほかにも変わった形のものはたくさん存在します。そのようなものはなかなか見かけられるようなものではないので、もし変わった腕時計を店で見かけることができたら、ラッキーかもしれません。

Copyright (C)2021個性で勝負!変わった形をした腕時計.All rights reserved.